35Narrow fork Super slim Outer tube

スーパースリムアウターチューブ

商品説明

商品名が表すように非常に細いハーレー純正の35パイ用アウターチューブのSetになります。

特徴的な細さは材質や構造を1から設計する事により実現しました。
モデルは現在でも人気の純正33.4フォークです。この33.4のインナーチューブを持つナローフォークは1954年のXLから採用され、1972年まで使われました。インナーチューブの細さも相まってアウターチューブも非常に細く、独特の見た目は現在でも高い人気があります。

が、ロングのインナーチューブはすでに販売停止になっており、いざ伸ばそうと思うと中古で探すしか方法がありません。また、構造もハーレー初期(1949年の41mmから数えて2代目)のテレスコピックフォークということもあり、シール部の構造や何よりもホイールをホールドする部分が華奢であり、現在の日本での交通事情を考えると不安な部分がありました。

部品、強度、リプレイスパーツなどを考えると33.4mmをそのまま使用するのは厳しい。
では似たような細さで35mm用をつくったら?

こんな経緯でこのアウターチューブは登場しました。

特徴

取付可能な車両は1976年から1983年(ビッグツインの場合。スポーツは多分1975年より。諸説あります)に採用された初期SHOWA(ショーワ)製フォーク。インナーチューブもこの年式の物をつかうため、現在このショーワ製フォークがついているようであれば、極端な話、現在ついているアウターチューブを抜いて交換するのみです。

このように純正とは高い互換性があるため交換にあたって特別な部品は必要ありません。
また、内部に純正より長めなスライダーを搭載、製造工程上、下部にはスライダーを持ちませんがチューブ内径がほぼ35mmとなっているため、動きやホールドに問題はありません。

そこに専用のオイルシールとダストシールを内蔵していますので、適正量のフォークオイルを入れる事ができます。このような構造なので、フォークとしての性能は純正と同等と考えてもらってもいいかと思います。

アクスルシャフトの外径は3/8"となっており、取り付けブレーキはハンバーガードラムやKモデルなどに使われていた片ハブドラムを想定しています。

仕様

取り付け可能車両
1975年から1983年のショーワ製フォーク
種類
ドラムブレーキ用メッキ済み完成品とメッキなし、ステーなしのブランク仕様
キット内容
アウターチューブ左右
ダストシール×2
オイルシール×2
専用アクスルシャフト
アクスルシャフトホルダ×2
シール固定用リング×2
長さ等サイズ
長さはアクスルマウント部から上部まで約50cmの予定。現在(20211/11/20)調整中。他、サイズなどは量産試作品が出来上がり次第加筆予定。
パーツ名品番価格
S.Sアウターチューブ完成品AssyK1000120万円前後
S.SアウターチューブブランクAssyK10002調整中
オイルシールK10003調整中
ダストシールK10004調整中
アクスルシャフトK10005調整中
アンダーブラケットK10006調整中
シール抑え用リングK10007調整中

お問い合わせ

コメント欄です。あんまり酷いことは書かないでください。